~信頼 納得 安心と確かな経験~
不妊症について検査や治療方法、治療に掛かる費用など詳しくご説明します。
※このページの細かい項目は、下記のボタンからご覧いただけます。
不妊治療の費用

不妊治療にかかる検査費用や手術の費用をご案内いたします。

各種検査費用

血液検査 約3,000円~約8,000円
※項目数によって異なります
フーナーテスト 約1,000円
子宮卵管造影検査
※他医にて施行致します
約7,000円から
不育症抗体検査 約3,500円
染色体検査 約11,000円
抗精子抗体検査
※保険適用外
約12,000円
精液一般検査 約1,200円
男性不妊内分泌検査 約3,000円

体外受精関連費用

■不妊治療助成金制度のお知らせ■

高額な治療費が必要となる「体外受精」「顕微授精」を受けたご夫婦は、長野県不妊に悩む方への特定治療支援事業申請を優先して申請して下さい。
(ただし所得の制限があります)

詳しくはこのページの最下部をご覧下さい。

厚生労働省の指導により、不妊治療の中でも人工授精や体外受精は、保険診療の対象外となります。
また、(人工授精や)体外受精を目的として行われる血液検査や注射及び処置も保険診療の対象外となり、別途費用がかかりますのでご了承下さい。

以下は当院での基本的な費用です。 尚、治療費は胚移植終了時に一括して現金で納入していただきます。 クレジットカードはご利用いただけません。表示金額は消費税8%を含みます。 受精卵凍結保存料は保存が確定した時点。

(平成28年5月現在)

注射料

採卵をするにあたっての排卵誘発剤注射の種類期間は患者様により異なりますので、 下表は参考として下さい。診察は2~3日ごとです。診察・注射・検査料などはその都度お支払い下さい。

①FSH・HMG製剤

注射期間は、およそ1回~10回(医師の指示により回数の変動あり。)

薬剤名 金額
HMG注射 ¥1,800✕2管 (手技料込み)¥4,428

②GnRHアンタゴニスト製剤

※注射の時期・回数は医師の指示による。

期間 金額
ガニレスト皮下注0.25mg ¥7,500 (手技料込み)¥8,640

体外受精・顕微授精及び胚移植

技術料のお支払いにつきましては、胚移植後にまとめて現金でお支払い下さい。クレジットカードはご利用いただけません。

①採卵、培養、胚移植まで完了した場合

【1回目】

内訳 体外受精 顕微授精
排卵手数料(麻酔料含む) ¥50,000 ¥54,000 ¥54,000
培養液・器具準備料 ¥50,000 ¥54,000 ¥54,000
卵の培養技術料 ¥120,000 ¥129,600 ¥129,600
新鮮胚移植料 ¥60,000 ¥64,800 ¥64,800
顕微授精料 ¥50,000 - ¥54,000
合計 ¥302,400 ¥356,400
回数(採卵・培養・胚移植まで完了した場合に適用) 体外受精 顕微授精
【2回目】 -30,000円減免 ¥270,000 ¥324,000
【3回目】 -50,000円減免 ¥248,400 ¥302,400
【4回目以降】 -80,000円減免 ¥216,000 ¥270,000

②採卵手術を実施したが、卵が得られなかった場合

内訳 体外受精 顕微授精
排卵手数料(麻酔料含む) ¥50,000 ¥54,000 ¥54,000
培養液・器具準備料 ¥50,000 ¥54,000 ¥54,000
合計 ¥108,000 ¥108,000

③採取した卵を培養したが、胚移植できなかった場合

内訳 体外受精 顕微授精
上記②参照 ¥100,000 ¥108,000 ¥108,000
卵の培養技術料(移植なし) ※1 ¥30,000 ¥32,400 ¥32,400
顕微授精料 ¥50,000 - ¥54,000
合計 ¥140,400 ¥194,400

※1 卵の培養技術(移植なし):受精卵が得られなかった場合

特殊技術(体外受精の費用に加算されます)

①採卵から胚移植まで実施し、余剰胚を凍結保存した場合

内訳 体外受精 顕微授精
前の項目①参照 【1回目】 ¥302,400 ¥356,400
胚盤胞培養料 ¥30,000 ¥32,400 ¥32,400
受精卵凍結保存料 ¥50,000 ¥54,000 ¥54,000
合計 ¥388,800 ¥442,800

②採取した卵を培養し、胚移植せずに全部の胚を凍結保存した場合

内訳 体外受精 顕微授精
採卵手術料(麻酔料含む) ¥50,000 ¥54,000 ¥54,000
培養液・器具準備料 ¥50,000 ¥54,000 ¥54,000
卵の培養技術料 ¥120,000 ¥129,600 ¥129,600
顕微授精料 ¥50,000 - ¥54,000
胚盤胞培養料 ¥30,000 ¥32,400 ¥32,400
受精卵凍結保存料 ¥50,000 ¥54,000 ¥54,000
合計 ¥324,000 ¥378,000

③特殊技術料一覧

特殊技術料 料金
顕微授精料 ¥50,000 ¥54,000
胚盤胞培養料 ¥30,000 ¥32,400
アシステッド ハッチング料※2 ¥10,000 ¥10,800

※2 アシステッド ハッチング:胚移植の前に、透明帯に小さな穴を開けてふ化を補助し、着床率を上げる方法。ご希望の方は事前に申し出て下さい。

凍結技術料 料金
受精卵凍結保存料(1年間の管理料含む) ¥50,000 ¥54,000
凍結融解胚移植料 ¥80,000 ¥86,400
凍結胚管理料(2年目以降より年額) ¥20,000 ¥21,600
精子凍結凍結料(1年間の管理料含む) ¥10,000 ¥10,800
精巣精子凍結保存料(1年間の管理料含む) ¥30,000 ¥32,400
凍結精子管理料(2年目以降より年額) ¥10,000 ¥10,800

当クリニックの治療成績

当院の不妊治療における妊娠率などをご案内致します

日本産婦人科学会では胎嚢を認めたものを妊娠としています。2004年における全国集計で、妊娠率は採卵あたり21.6%、流産率は妊娠の21.3%、多胎(双子や三つ子)分娩率は分娩例の17.5%でした。

子宮外妊娠は体外受精妊娠あたり2.1%となっています。妊娠率は、年齢や適応により大きく異なり、年齢の若い人程、成功しやすく、年齢が上がって特に40才を超えると妊娠率は10%以下で、半数は流産してしまい、実際に生まれるところまでいった生産率(生きて産まれた赤ちゃんの割合)は低くなります。

当クリニックの治療成績(平成9年~平成24年まで)
  体外受精(IVF) 顕微授精(ICSI) 凍結胚移植(Frozen)
治療患者数
/治療周期総数
580人
/834件
493人
/895件
323人
/471件
患者あたりの妊娠率
【(人)/(人)】
33.62%
【195/580】
24.54%
【121/493】
35.29%
【114/323】
移植あたりの妊娠率
【(人)/(件)】
25.90%
【195/753】
15.25%
【121/793】
27.34%
【114/417】
妊娠あたりの流産率
【(人)/(人)】
23.59%
【46/195】
23.97%
【29/121】
27.19%
【31/114】
出生児数 145人 85人 90人

■ 当院の不妊治療による妊娠者の内訳(グラフ)

■ 体外受精における年齢別妊娠率(グラフ)

■ 妊娠成立周期に行った不妊治療の内訳(グラフ)

不妊治療の助成金を申請される方へ

1.市町村ごとに実施している助成事業がございます。
詳細は、お住まいの市町村へお問い合わせ下さい。

  • 対象となる治療内容
  • 所得制限の確認
  • 必要な書類
  • 記入方法
  • 申請できる回数
  • 締切日 など

例)【長野県】体外受精・顕微授精が対象、所得制限あり。
   【松本市】人工授精・保険一部負担及び長野県に申請できない方が対象。
同じ年度内での松本市と長野県の重複申請はできません。

2.ご持参いただくもの ①申請書 ②当院の領収書(再発行不可)

  • 他の医療機関や薬局の領収書は、当院で証明できません。
  • 前年度は対象外です。(市町村により例外あり)
  • 領収書がない日は、除かれます。
  • 明細書は必要ありません。

3.1週間程かかります。当日発行はできません。

4.申請書1通・・・2,160円(税込)

5.受付時間外の書類のお受け渡しやお手続きは、ご遠慮下さい。

不妊セミナーのお知らせ




不妊症の克服には、次に点が大切だと考えています。
1.早めの検査や治療
2.生殖に関わる正しい知識
3.夫婦の協力と根気


質問や不安なことを、みなさんで一緒に考えていきたいと思っています。
又、同じ悩みをお持ちの方々の交流の場になればと思っています。



日  時: 毎月 
平成28年2月まで 第3木曜日 午前10時30分~11時30分
平成28年3月より 第3木曜日 午前11時~12時 

※当初4月から変更予定でしたが、1ヶ月繰上がり、3月から時間変更となります。
      ※5分~10分前にお越し下さい。
場  所: 北原レディースクリニック待合室
内  容: 人工授精、対外受精、顕微授精
担  当: 院長 北原 毅人
対象者: 当院に受診されている方

ご予約が必要になりますので、受付若しくは、電話でお申し出ください。
電話:0263-48-3186