~信頼 納得 安心と確かな経験~
不妊症について検査や治療方法、治療に掛かる費用など詳しくご説明します。
※このページの細かい項目は、下記のボタンからご覧いただけます。
当クリニックの治療成績

当院の不妊治療における妊娠率などをご案内致します

日本産婦人科学会では胎嚢を認めたものを妊娠としています。2004年における全国集計で、妊娠率は採卵あたり21.6%、流産率は妊娠の21.3%、多胎(双子や三つ子)分娩率は分娩例の17.5%でした。

子宮外妊娠は体外受精妊娠あたり2.1%となっています。妊娠率は、年齢や適応により大きく異なり、年齢の若い人程、成功しやすく、年齢が上がって特に40才を超えると妊娠率は10%以下で、半数は流産してしまい、実際に生まれるところまでいった生産率(生きて産まれた赤ちゃんの割合)は低くなります。

当クリニックの治療成績(平成9年~平成24年まで)
  体外受精(IVF) 顕微授精(ICSI) 凍結胚移植(Frozen)
治療患者数
/治療周期総数
580人
/834件
493人
/895件
323人
/471件
患者あたりの妊娠率
【(人)/(人)】
33.62%
【195/580】
24.54%
【121/493】
35.29%
【114/323】
移植あたりの妊娠率
【(人)/(件)】
25.90%
【195/753】
15.25%
【121/793】
27.34%
【114/417】
妊娠あたりの流産率
【(人)/(人)】
23.59%
【46/195】
23.97%
【29/121】
27.19%
【31/114】
出生児数 145人 85人 90人

■ 当院の不妊治療による妊娠者の内訳(グラフ)

■ 体外受精における年齢別妊娠率(グラフ)

■ 妊娠成立周期に行った不妊治療の内訳(グラフ)