~信頼 納得 安心と確かな経験~
不妊症について検査や治療方法、治療に掛かる費用など詳しくご説明します。
※このページの細かい項目は、下記のボタンからご覧いただけます。
不妊治療の費用

不妊治療にかかる検査費用や手術の費用をご案内いたします。

各種検査費用

血液検査 約3,000円~約8,000円
※項目数によって異なります
フーナーテスト 約1,000円
子宮卵管造影検査
※他医にて施行致します
約7,000円から
不育症抗体検査 約3,500円
染色体検査 約11,000円
抗精子抗体検査
※保険適用外
約12,000円
精液一般検査 約1,200円
男性不妊内分泌検査 約3,000円

体外受精関連費用

■不妊治療助成金制度のお知らせ■

高額な治療費が必要となる「体外受精」「顕微授精」を受けたご夫婦は、長野県不妊に悩む方への特定治療支援事業申請を優先して申請して下さい。
(ただし所得の制限があります)

詳しくはこのページの最下部をご覧下さい。

厚生労働省の指導により、不妊治療の中でも人工授精や体外受精は、保険診療の対象外となります。
また、(人工授精や)体外受精を目的として行われる血液検査や注射及び処置も保険診療の対象外となり、別途費用がかかりますのでご了承下さい。

以下は当院での基本的な費用です。 尚、治療費は胚移植終了時に一括して現金で納入していただきます。 クレジットカードはご利用いただけません。消費税がかかります。 受精卵凍結保存料は保存が確定した時点。

(2019年5月現在)

注射料

採卵をするにあたっての排卵誘発剤注射の種類期間は患者様により異なりますので、 下表は参考として下さい。診察は2~3日ごとです。診察・注射・検査料などはその都度お支払い下さい。

①FSH・HMG製剤

注射期間は、およそ1回~10回(医師の指示により回数の変動あり。)

(税別、以下省略)

薬剤名 金額
HMG注射 ¥1,200~¥1,800 ✕1~2管 (手技料込み)¥1,700~¥4,100

②GnRHアンタゴニスト製剤

※注射の時期・回数は医師の指示による。

期間 金額
ガニレスト皮下注0.25mg ¥7,500 (手技料込み)¥8,000

体外受精・顕微授精及び胚移植

クレジットカードはご利用いただけません。胚移植当日、一括して現金で納入していただきます。
凍結保存をご希望の場合、採卵日から1週間後の診察の際、お支払いいただきます。

①採卵、正常受精、培養、胚移植まで完了した場合

(税別、以下省略)

体外受精 ①顕微授精 ②顕微授精
培養液・器具準備料 ¥60,000 ¥60,000 ¥60,000
採卵手数料(麻酔料含む) ¥60,000 ¥60,000 ¥60,000
顕微授精料
①卵9個以下 ②卵10個以上
- ¥55,000 ¥60,000
卵の培養技術料① ¥140,000 ¥140,000 ¥140,000
新鮮胚移植料 ¥70,000 ¥70,000 ¥70,000
合計 ¥330,000 ¥385,000 ¥390,000

②採卵手術実施、異常受精等の為、胚移植できなかった場合

体外受精 ①顕微授精 ②顕微授精
培養液・器具準備料 ¥60,000 ¥60,000 ¥60,000
採卵手数料(麻酔料含む) ¥60,000 ¥60,000 ¥60,000
顕微授精料
①卵9個以下 ②卵10個以上
- ¥55,000 ¥60,000
卵の培養技術料② ¥100,000 ¥100,000 ¥100,000
合計 ¥220,000 ¥275,000 ¥280,000

③採卵手術を実施、正常受精したが、新鮮胚移植できなかった場合

体外受精 ①顕微授精 ②顕微授精
培養液・器具準備料 ¥60,000 ¥60,000 ¥60,000
採卵手術料(麻酔料含む) ¥60,000 ¥60,000 ¥60,000
顕微授精料
①卵9個以下 ②卵10個以上
- ¥55,000 ¥60,000
卵の培養技術料① ¥140,000 ¥140,000 ¥140,000
合計 ¥260,000 ¥315,000 ¥320,000

④採卵手術を実施したが、卵が得られなかった場合

料金
培養液・器具準備料 ¥60,000
採卵手数料(麻酔料含む) ¥60,000
合計 ¥120,000

特殊技術(体外受精の費用に加算されます)

①採卵した卵を体外培養し、継続培養をしたが凍結できなかった場合

(税別、以下省略)

体外受精
培養液・器具準備料 ¥60,000
採卵手術料(麻酔料含む) ¥60,000
卵の培養技術料① ¥140,000
胚盤胞培養料 ¥40,000
合計 ¥300,000

※顕微授精の場合は上記金額に顕微授精料が加算されます

②採卵から胚移植まで体外受精を実施し、余剰胚(胚盤胞)を凍結保存した場合

①凍結保存 ②凍結保存
培養液・器具準備料 ¥60,000 ¥60,000
採卵手術料(麻酔料含む) ¥60,000 ¥60,000
卵の培養技術料① ¥140,000 ¥140,000
新鮮胚移植料 ¥70,000 ¥70,000
胚盤胞培養料 ¥40,000 ¥40,000
受精卵凍結保存料
①容器4本まで
②容器5本以上1本あたり¥5,000
¥55,000 ¥60,000~
合計 ¥425,000 ¥430,000~

※顕微授精の場合は上記金額に顕微授精料が加算されます

③採取した卵を体外受精培養し、胚移植せずに胚盤胞を凍結保存した場合

①凍結保存 ②凍結保存
培養液・器具準備料 ¥60,000 ¥60,000
採卵手術料(麻酔料含む) ¥60,000 ¥60,000
卵の培養技術料① ¥140,000 ¥140,000
胚盤胞培養料 ¥40,000 ¥40,000
受精卵凍結保存料
①容器4本まで
②容器5本以上1本あたり¥5,000
¥55,000 ¥60,000~
合計 ¥355,000 ¥360,000~

※顕微授精の場合は上記金額に顕微授精料が加算されます

特殊技術料一覧

(税別、以下省略)

特殊技術料 料金
顕微授精料 ①卵9個以下 ¥55,000
②卵10個以上 ¥60,000
胚盤胞培養料 ¥40,000
アシステッド ハッチング料 *1 ¥10,000
*1 前日までの予約制

凍結技術料 料金
受精卵凍結保存量(1年間の管理料を含む) ①容器4本まで ¥55,000
②容器5本以上1本あたり¥5,000
凍結融解胚移植料 ¥100,000
凍結胚管理料(2年以降より年額) ①容器4本まで¥30,000
②容器5本以上1本あたり¥10,000
精子凍結保存料(1年間の管理料を含む) ¥20,000
精巣精子凍結保存料(1年間の管理料を含む) ¥40,000
凍結精子保存料(2年以降より年額) ¥15,000

※採卵手術日の診察時に排卵済みでキャンセルの場合

料金
培養液・器具準備料(キャンセルの場合) ¥30,000
再診料 ¥2,500
超音波検査料 ¥2,500
合計 ¥35,000

不妊治療の助成金を申請される方へ

【申請条件の確認】  助成事業は市町村ごとに実施しており、それぞれの条件を設けております。詳細は、お住まいの市町村(市役所・役場・福祉事務所)へお問い合わせ下さい。

  • 対象となる治療内容・治療期間(申請年度)
  • 所得制限・年齢の確認
  • 申請に必要な書類
  • 記入方法
  • 申請できる回数
  • 締切日 など

例)【長野県】体外受精・顕微授精が対象、所得制限あり
   【松本市】人工授精・保険一部負担及び長野県に申請できない方を対象とする
       同じ年度内で松本市と長野県の重複申請はできない

【ご持参いただくもの】 申請書 ・ 当院の領収書(再発行不可)

  • 原則として医療機関ごとの証明
  • 前年度は対象外(市町村により例外あり)
  • 領収書を紛失した場合は除く
  • 明細書は除く

【ご本人確認】 診察券または保険証

【発行期間】 1週間ほど

【文書料】 2,000円(税別)/1通

【書類の受付】 平日 9:00~12:00 / 14:30~17:00          土曜は午前のみ・休診日除く