~信頼 納得 安心と確かな経験~
不妊症について検査や治療方法、治療に掛かる費用など詳しくご説明します。
※このページの細かい項目は、下記のボタンからご覧いただけます。
不妊治療(体外受精・胚移植)

◆体外受精・胚移植とは?

卵巣から卵子を特殊な注射針を用いて採取し、からだの外(培養器の中)で夫の精子と混ぜ合わせて受精させ、受精した受精卵をカテーテルを用いて子宮に戻すとことにより妊娠を期待する方法です。

1978年にイギリスで始められた画期的な不妊治療で,現在では世界中で広く用いられ、日本でも現在までに累積で40万人以上の児が出生しております。

体外受精は、卵管に異常がある場合、人工授精を繰り返してもなかなか妊娠しない場合、精子に異常がある場合、などの治療方法として確立したものと考えてよいかと思います。ただし、極度の精液異常の患者さんでは顕微授精が適応になります。

◆方法・手順
  1. 排卵誘発剤の(約10日間毎日)注射で複数の卵を育てます。
  2. 排卵は卵胞を超音波でモニターしながら、経膣的に針で吸引採取します。(静脈麻酔下に実施、約30分)
  3. 採取した卵胞液の中に含まれる卵を顕微鏡下で確認し、培養します。
  4. 採卵した卵と精子をシャーレの中で混ぜ、より受精しやすい環境におきます。
  5. その後、受精の状況を確認し、2日~3日後に胚移植します。
  6. 胚移植は、超音波でモニターしながら、受精卵を細いカテーテルで子宮内に移植します。
  7. 胚移植後、黄体ホルモン療法を行ないます。
  8. 採卵後、約2週間目で妊娠の判定を行ないます。


当院では、以上の過程を通院しながら実施いたします。