~信頼 納得 安心と確かな経験~
不妊症について検査や治療方法、治療に掛かる費用など詳しくご説明します。
※このページの細かい項目は、下記のボタンからご覧いただけます。
8.その他

  1. 受精障害の原因の1つでもある抗精子抗体(不動化抗体)
    不妊の原因の1つとして女性は、その体内にある精子と結合し、その働きを障害する抗精子抗体という特別なものをもっていることがあります。検査は、血液検査で行います。
    自費検査で、費用は、約10,000円です。
  2. 子宮頸がん検査(子宮体がん検診)
    婦人科診察では、最低1年に1回は行いましょう。
  3. 甲状腺機能検査
    甲状腺機能障害があると、排卵を障害したり、高プロラクチン血症の原因となります
  4. 子宮内膜症の検査や子宮筋腫の検査
    内膜症や子宮筋腫は、不妊女性で最も多い合併症です。CT検査やMRI検査、血液検査(貧血の有無やCA-125)などを行います