~信頼 納得 安心と確かな経験~
不妊症について検査や治療方法、治療に掛かる費用など詳しくご説明します。
※このページの細かい項目は、下記のボタンからご覧いただけます。
5.血液検査(内分泌検査)

月経期・排卵期・着床期に採血をしてホルモンの値を調べます。
プロラクチン・LH・FSH・エストラジオール・プロゲステロンを測定し、卵巣機能の状態をチェックします。

FSH(卵胞刺激ホルモン):下垂体から分泌され、卵胞を育てる。
LH(黄体形成ホルモン):下垂体から分泌され、排卵を促し黄体をつくる。
プロラクチン(乳汁分泌ホルモン):下垂体から分泌され、排卵や着床を妨げる。
エストラジオール(E2):卵巣機能をみる。
プロゲステロン(P):黄体機能をみる。

費用は、3,000円~8,000円程度です。