~信頼 納得 安心と確かな経験~
不妊症について検査や治療方法、治療に掛かる費用など詳しくご説明します。
※このページの細かい項目は、下記のボタンからご覧いただけます。
治療の進め方


ステップ1 基本検査約3ヶ月 ◆基本検査の詳細は、こちらへ
ステップ2 原因に対する治療あるいは、タイミング指導約6ヶ月
薬と経膣超音波での検査を平行して行ないます。
女性の年齢が高い、あるいはタイミング法では難しい原因がある場合は、ステップ3やステップ4あるいは、ステップ5へ進みます。
ステップ3 薬物療法約6ヶ月
(内服薬あるいは、HMGなどの注射による排卵誘発療法)
ステップ4 腹腔鏡検査による不妊原因の再評価
ステップ5 人工授精(5回位) ◆人工授精の詳細は、こちらへ
ステップ6 体外受精 顕微授精
特殊な検査や手術、ギフト法や体外受精、顕微授精など。3回目からは妊娠率も落ちるが、今の医学ではここが最高の治療である。
◆体外受精・顕微授精の詳細は、こちらへ
その他 人により、東洋医学に切り替える人、自然に任せることにする人、漢方薬を飲む人、簡単なタイミング法のみ続ける人など、その選択肢は様々です。